家事代行、家事支援を東京で頼むときのポイントは?

家事代行サービスで「時間がほしい」を実現できますか?

家事

家事代行サービスは便利ですが、不安も多いようです。

 

「誰か代わりにやってくれないかしら?もうひとりの自分がいれば、家事に専念できるし、こどもにも優しくできると思う・・・」

 

共働きの主婦は仕事、家事、子育て、家庭でやることがたくさんあります。
将来の家庭のため、子供のためと言いながら頑張っていますが、時には心が折れそうになります。

 

東京23区を中心に家事代行、家事支援サービスは広がっていますが、金銭面の負担よりも心理的な抵抗感から利用をためらってしまう人も多いようです。

 

「家事は家庭でやるもの」「他人が自分の家庭にあがって家事をするのは不安」、この二つの要因が大きな理由です。

 

しかし利用者の声を拾うと「自由に使える時間ができた」、「友達とおしゃべりする時間が取れた」
「思っていた以上に部屋がきれいになり、子供も自分で片付けをするようになった」など評判も
よく、徐々に家事代行会社を利用する普及率も上がっており、ある会社ではリピート率も75%を超えています。

 

ぜいたくだと思わすに必要な時、困った時は家事支援サービスを利用する。

 

心の余裕ができて、はじめて家族や周囲にやさしくできます。
自分の心を安定させるためにも、忙しい時は家事代行にちょっぴり投資をしましょう!

 

今なら2時間30分3500円のキャンペーン実施中
 
しいあなたには⇒casialがおススメ

 




家事代行、家事支援サービス東京23区の口コミ・評価4

家事

家事代行、家事支援サービスは東京23区で意外なほどたくさんあります。

 

家事代行の選び方の基準は以下の6点が基本です。

 

1.家にあがってもらう以上、物損など何かあった場合を想定してきちんと対応してくれる保証制度があること。。

 

2.丁寧な対応で教育体制がしっかりしていること

 

3.家事代行のサービス内容が明確で自分にあっているもの

 

4.値段は最安値水準でリーズナブルであること

 

5.お試し、無料体験、ある一定期間後のキャンセルが効くこと

 

6.上記の項目を兼ねる大手企業または大手グループ会社であること。

 

上記に見合う、家事代行業者が東京23区内にあるのか、どうか調査しました。
まずは、代表的な家事代行、家事支援会社を紹介します。

 

問い合わせ対応、無料体験などを比較して家事代行会社を選んでください。

 

最終的には家事のお手伝いをしてくれるいい人に巡り合えたら、あなたもあなたの家族も少しだけ幸せになるのではないでしょうか。

 

★カジアル
カジアルはリクルートグループがまた新たな戦略として進出した家事支援会社です。江東区、中央区のみで2104年から実験的に実施しましたが
2016年4月から東京23区および川崎市中原区に範囲を広げました。注目の家事支援会社です。まずは下記のバナーから登録して無料体験してください。

 

 

 

★カジーCaSy 
カジ―は業界最安値で回数制限もなく、気軽の頼める家事代行業者です。まずはスポットで体験しましょう。

 


家事代行サービスCaSy無料会員登録プロモーション

 

★ベアーズ
月単位の契約になります。7つのオリジナルプログラム、実践研修により家事の知識や技術を学ぶしっかりとした教育機関の会社です。

 

★ダスキン メリーメイド
ダスキンメリーメイドは掃除のプロフェッショナルです。しっかりとしたお掃除を希望されるなら見積もりを取ってください。
月1回が基本だと思います。こまめに家事代行を希望される場合は違う家事代行業者がいいです。

 




家事代行、家事支援会社の将来性と人材確保?

家事代行

家事代行、家事支援サービスの市場は年々増加しています。

 

2016年1月に厚生労働省が発表した「人口動態統計」では5年ぶりに出生数が増加しました。特に30代女性の出生数が全体の増加を押し上げ、前年よりも1万人多かったといいます。
子育て環境の改善が出生率の改善を後押ししたとすれば、家事代行、家事支援サービスはさらに増える可能性もあり、政府も金銭的な援助など公的支援も増える可能性があります。

 

家事代行利用者も口コミや評判などが一定の評価が高まってくれば、さらに利用者も増えてくる可能性が高い。

 

問題は人材の確保で、いいヘルパーは引き抜かれ、数だけ確保しようとすれば質の低下も心配されます。

 

社会全体で子育てをする雰囲気を作ることも必要です。

 

働く女性を応援する社会を作るためにも、もし時間が許すのであれば、子育てが一段落した方などの家事支援応募も
考えてみてはどうでしょうか?

 

家事支援は社会で作っていくものです。子育てがしづらい世の中は将来のあなたの問題でもあるのです。

 




 

 

カジアルでお仕事

家事代行

 

 

カジアルでお仕事をする、家事支援をしたいと思っても実際にやられている方はどう思っているのか、本音もききたいところです。
ひとつだけ紹介します。

 

私の家事代行体験談

 

私は20代の頃、友人に頼まれて家事代行の仕事をしたことがあります。
イメージだとご飯をしっかり作らないといけはい、掃除はきちんと隅々までやらないといけないなど厳しいイメージがあったので最初はあまり乗り気ではありませんでした。

 

ただ、お給料が良く試しにやってみることにしました。
初めてお伺いしたご家庭は30代のご家族でした。

 

お子さんが生まれたばかりで家事がまったくできないとのことで、家事代行を頼まれたそうです。
各お部屋・トイレ・お風呂場などを重点的に掃除をしていきました。
幸い、1人暮らし歴が長かったお陰でそこまで苦ではありませんでした。

 

ご飯に関しては前日までにどのようなご飯を食べたいか具体的なものがあればオーダーいただき、アレルギーや嫌いな食材についても伺っていたので困ることなく、買い出しに行き帰ってからご依頼人様と食材アレルギーの使用有無に関して1点1点確認して問題ないかを確かめてから調理しました。

 

ご依頼人様がお風呂に入りたいとのことで、お子様の子守をしたり、日々の愚痴や育児疲れの話などを聞くこともありました。
1日があっという間で、作業終了時にご依頼人様から「大変助かりました。またぜひ利用させてもらいます!」と言っていただけたことは今でも忘れません。

 

ただ、やはり人様のご自宅に出向き作業をするということがどれだけ精神的にも肉体的にも疲れるかということが身に染みるほど分かり、私はそれっきりこのお仕事は引き受けることはありませんでした。
お世話が大好きで人から感謝されることが好きな方には向いている職種だと思います。

 

食事

 

家事代行の中でも買い物はとても難しい

 

私は、ホームヘルパー2級の資格を取った後、すぐに介護施設などで働くのではなく、しばらくの間は、簡単な家事代行のお仕事をしていました。掃除や洗濯の家事をした事もありましたが、今でも印象深く覚えているのは、買い物の代行の仕事です。

 

買い物は、主にスーパーでしたが、他にも薬局や書店・コンビニ・デパート・商店街など、どこどこに売っているあれを買って来てくれと言われれば、どこにでも行かなければなりませんでした。日用品や生活雑貨もそうですが、特に市販薬とはいえ薬類は絶対に間違わない様に、製薬会社や薬の名前、大きさ、量なども細かくメモをして、何度も確認して買う様に気をつけていました

比較的、日用品はメーカーなどがハッキリしている為、そんなに間違って買って帰る事はありませんでしたが、商品のパッケージなどが新しくなって自分の知っている物と違ったりすると、説明しても年配の人はなかなか納得してくれず、これじゃない!と言い張って聞き入れて貰えない事もありました。

 

しかし、一番厄介で困ったのが食品です。あまりこだわりのない男性の方などは楽ですが、以前は自分で買い物に行っていた年配の女性は、食材や食品に関して細かい好みやこだわりがあって、その希望通りの商品を買わなければなりません。時には、昔はあったけれどもう廃盤になってしまった商品もありますし、商品は少しずつ改良されリニューアルするので、昔のままの商品を探して、在庫の残っているスーパーまで出掛けたり、本当に大変でした。言われた商品はないけれど、代わりの物でも欲しいのか、違うものなら要らないのかも、いちいち確認しないと人によってバラバラでした。

 

生ものは返品がきかない事もありますし、自分で判断するのが難しい事もありました。例えば「赤く熟れたトマト」と言われても、どれくらい赤いのが良いのかもわかりませんし、私と利用者の人では基準が違ったりするのです。自分で行けないから、お金を払って家事代行を頼んでいる事は分っていても、正直「そんな事言うなら自分で行けよ!」と心の中で叫んだ事が何度もありました。
家事代行の仕事の中でも、買い物は現金のやりとりも発生しますし、とても気を遣う難しい仕事だと思いました。

 

産後に家事代行をお願いしていました。

 

私は4年前に出産しましたが、里帰り出産が出来ず、また双方の両親に来てもらうこともできなかったため、家事代行のヘルパーさんをお願いしたことがあります。

 

まず、ヘルパーさんの探し方ですが、私は市の保健師さんに問い合わせて、NPOを紹介していただきました。私が紹介していただいたNPOは主にお年寄りの生活援助や介護を中心に活動しているところでしたので「産後のお手伝いをお願いしたい」と頼むと少々驚かれましたが、快く引き受けてくださいました。

 

我が家の場合は、週3回、午後に2〜3時間訪問していただき、主に家事をお願いしました。内容としては、水回りの簡単な掃除、洗濯物を干す、冷蔵庫にある食品で簡単なおかずを作ってもらう、といったことでした。来てくださったヘルパーさんは50代の女性で、手なれた様子で臨機応変に家事をこなしてくださったので、私はあまり説明したり気を遣ったりすることがなく楽でした。

 

また、時々は子どもを見ていただいて、私が少し郵便局に用事を済ませにいくこともありましたし、育児の悩みを聞いてもらうこともありました。ヘルパーさんは気さくな方で、それでいて立ち入ったことはしない方でしたので、とても過ごしやすく、ヘルパーさんが来られる日が楽しみでした。

 

しかし経済的な面もあり、家事代行の依頼は3ヶ月ほどで終わりました。我が家は頼んでとても助かりましたし、肉体面だけでなく、精神面でもとても助けられました。今から頼むかどうか悩まれている方がいたら、ぜひお勧めしたいです。

 


家事代行のまとめ

家事代行、家事支援サービスを初めてお願いするなら、はまずは無料体験がおススメです。

 

どの業者を選ぶかよりも、最後は人になります。気に入った方が見つかれば安心感も増します。

 

そのためにも体験しましょう。

 

特に掃除の場合はキレイにする基準は頼む人によって違います。

 

自分の期待外れの成果だったら、ムダ金になりかねません。当然登録は必要ですが、まずは無料体験できる
納得のできる家事支援会社に申しこみしましょう!

カジアル(リクルートグループ)をおススメする理由

カジアル(リクルート)は業界最安値水準で、満足度の高い家事支援を行います。リピート率も75%を超えた実績があります。

 

家事代行の業者は年々増え、家事代行の抵抗感や不安が

 

子育て支援、働く女性を応援する仕組みがどんどん誕生しています。

 

カジアルは業界では後発ではありますが、新規産業に参入するリクルートグループの資金力、斬新力、企画力など、群を抜いており
業界のシェアをある程度必ず握るでしょう。いい家事サービスを実行するのは人材の確保が絶対条件なので、今後カジアルは露出度を
高めていくと考えられます。

 

カジアルで自由な時間を!

家事

 

「カジアル」はリクルートグループの家事支援会社です。

 

都内23区を中心に家事支援サービスは増えています。家事代行に躊躇する方や不安に思っている方が少なくなってきているからです。

 

今なら、無料で体験ができます。納得がいくまで打ち合わせをして体験してください。

 

その先にリフレッシュが待っているでしょう!

 

お部屋がきれいになって、時間がほしいと言っていた自分にゆったりとしたコーヒーが飲めて友達と楽しい会話の時間がとれたなど
何かいいことが待っているかもしれません。

 

 

家事代行

 

 



 

 


家事支援サービス資料

一般社団法人全国家事代行協会
http://www.kaji-japan.com/

 

 

家事代行、家事支援による「働く女性を応援する」バックアップは政府の方針でもあります。

 

これに基づき、通商産業省は家事支援サービス推進協議会の報告書をまとめました。

 

家事支援を利用する方の不安、抵抗感を取り除くため、政府、民間一丸となって取り組んでいることがわかります。
家事代行業界の売り上げは将来的には6000億円を超えると言われ、ますます利用者、利用地域が拡大していきます。

 

 


「家事支援サービス推進協議会」の報告書をとりまとめました 〜品質確保に向けた家事支援サービス事業者の取組指針となるガイドラインです〜
本件の概要

 

政府では、我が国最大の潜在力である女性の力を最大限発揮し、「女性が輝く社会」を実現するため、一体となって取り組んでいます。
今般、経済産業省では、その一つの方策として、安価で安心な家事支援サービスを利活用できる環境整備を図るため、「家事支援サービス推進協議会」を設置し、検討を行ってまいりました。
このたび、報告書がとりまとめられ、「家事支援サービス事業者ガイドライン」を策定いたしましたので、公表いたします。

 

家事支援サービスの認知度は徐々に上昇してきているものの、既存利用者は約3%に留まっており、約97%の未利用者が利用しない理由については、価格面の他、サービスの利用に当たっての抵抗感や不安感も挙げられています。

 

(参考)家事支援サービス
事業者のスタッフが利用者宅を訪問し、主に利用者宅において、家事に関する業務(掃除、洗濯、炊事など)の全部又は一部を利用者に代わって行うサービス

 

【家事支援サービスの認知率・利用率】

 

【未利用者における家事支援サービスを利用しない理由(複数回答)】

 

(出所)家事支援サービスに関する利用者アンケート調査

 

この抵抗感や不安感を取り除き、安価で安心な家事支援サービスを利活用できる環境整備を図るため、平成26 年7 月、主要事業者等から成る「家事支援サービス推進協議会」を設置し、計3 回の議論を行ってきました。

 

(参考)「『日本再興戦略』改訂2014」 -未来への挑戦- (平成26 年6 月24 日閣議決定)抜粋
・安価で安心な家事支援サービスの実現
「家事支援サービスについて、品質確保のための業界による自主的取組への支援等を通じ、利用者負担が低い、安心なサービスが供給される仕組みを構築するため、主要事業者で構成される推進協議会を設置し、年度内に具体策を検討し、一定の結論を得る。」

 

2.家事支援サービス事業者ガイドライン

 

家事支援サービス推進協議会では、品質確保に向けた家事支援サービス事業者の取組指針となる「家事支援サービス事業者ガイドライン」を策定しました。ガイドラインでは、事業者が担保すべき項目を整理し、その説明を記載するとともに、各項目で要求する内容を満たす際の参考となるよう、「対応策例」を記載しました。この「対応策例」は、先進的な事業者において実際に実施されている取組を参考に整理しています。

 

「家事支援サービス事業者ガイドライン」で整理された事業者が担保すべき項目

 

利用者ニーズの調査の実施
利用者ニーズを踏まえたサービス設計の実施
提供サービス内容の明確化
適正な契約の締結
サービス提供前のコミュニケーションの実施
サービス提供体制の構築
サービスの実施内容の明確化
利用者の満足度調査の実施とその結果を踏まえた改善
フォローアップ体制の構築
3.今後の取組について

 

今後は、「家事支援サービス事業者ガイドライン」を活用した事業者評価について取り組んでまいります。具体的には、当省の「戦略的国際標準化加速事業」の中で、2年間程度、検討を実施していく予定です。

 

(参考)「戦略的国際標準化加速事業」
中堅・中小企業をはじめとする我が国企業発の技術や製品の国際標準化に向けた実証データ・関連技術情報を収集し、国際標準原案の開発・提案や普及を見据えた試験・認証基盤の構築等を実施する事業。